人間のチェックで見逃してしまうことを避け、情報セキュリティを強化できるのがセキュリティゲートです。

情報を守るセキュリティゲートの役割

情報を守るセキュリティゲートの役割

情報セキュリティを強化するセキュリティゲート

今度、空港にも指紋認証のセキュリティゲートができたという話をニュースで見ました。日本では指紋を取られる=警察を思い浮かべることも多く、あまりよく感じない人もいますが、指紋認証は万人不同かつ生涯不変の特徴を持つ指紋ならではの、確実な認証方法です。その指紋認証のセキュリティゲートを通過することで、人間がパスポートと実際の顔をチェックすることで発生する人為的ミスを、更に減らすことができます。瓜二つの双子でも、指紋は別人であることを見抜きますから。こうしたゲートを利用することで、手配犯やなりすましによる犯罪を防ぎ、同時に人為的なコストを下げることができます。これと同じことを、企業の情報セキュリティの向上のために利用している現場があります。

私が勤めていた企業では、研究所にセキュリティゲートがついていました。空港のように犯罪者の通行をはじくための利用ではないのですが、同じように「通ってはいけない」人を通さないようにするためです。そうすることで情報を盗まれたり、ウィルスを混入されたりといった犯罪を未然に防ぐことができるのです。セキュリティゲートの設置には相当な予算が必要になりますが、ちょっと考えてみましょう。もし情報漏洩やウィルス拡散などがあったら社会的な信用を失ってしまいます。それは減収を意味し、酷い場合は倒産もありうるでしょう。ですから重要な情報を扱う企業はセキュリティゲートを利用することで、情報セキュリティ面での強化を行っているのです。セキュリティショーを見に行くと、ゲート開発会社各社は様々な認証方法や、ゲートの小型化、省スペース化、高速化を競い合っています。狭い通路でも導入可能なものもありますし、ただ「通行人をチェックできます」とものではなく、様々なエリアへの普及を視野にいれて開発されているのです。これまではうちのフロアは狭いから…という人たちも利用が可能になっており、導入を検討する企業も増えていくでしょう。

おすすめ記事

Copyright (C)2017情報を守るセキュリティゲートの役割.All rights reserved.